ピザ焼き器

ピザ焼き器

ピザ焼き器

このページは「なぜ石窯で焼いたピザはおいしいのか 」の情報コンテンツです。
ピザ焼き器 > なぜ石窯で焼いたピザはおいしいのか

豆知識

なぜ石窯で焼いたピザはおいしいのか

表面はこんがり、中はしっとり。石窯でピザやパンを焼くとこのような仕上がりになります。最近のオーブンレンジも石窯の原理を売りにしたりしています。おいしさのヒミツに迫ります。

効率よく焼ける

石窯では、食材を直接焼くのではなく、余熱により焼きます。そのため、窯の中の温度が場所によって大きく違うと言うことがありません。温度差が少ないため、熱風が一気に食材を包み込み、うまみや水分を逃さずに効率よく焼くことができるのです。

遠赤外線効果

 壁面がレンガなどで作られている石窯は、加熱されると遠赤外線を作り出します。遠赤外線は食材の内部から温める働きをします。遠赤外線は、物質に吸収されると、吸収された物質の熱運動を活発にして温度を上げる効果があります。食材の外側は対流熱によりカリッと焼かれ、内側は遠赤外線により熱せられることにより、表面はパリッと、中はもっちりとした食感が得られます。

気分が盛り上がる

キャンプに行って、飯盒で炊くごはん。めちゃくちゃおいしいと感じませんか。家では、炊飯器でもっときれいに炊けてるはずなのに何か違う。カレーも家でつくるものよりもキャンプ場で食べた方がおいしく感じます。もちろんキャンプ場では直火で調理するので、家庭よりも火力が強いという利点はありますが、なんといっても自然の中、開放感いっぱいの中での調理や食事をするという気分的なものが大きいでしょう。石窯で焼くピザやパンも同じく、気分の盛り上がりが、家の中でオーブンで作るのに比べて、大きく異なります。石窯で焼くというだけで、ワクワクしてきませんか。ご家族みんなで作業を行えば、その達成感から、おいしさがさらにアップするでしょう。

ピザ焼き器 激安通販
ExecutionTime: 480 msec / Memory: 7.6 MB