ピザ焼き器

ピザ焼き器

ピザ焼き器

このページは「便利な調理アイテムとは 」の情報コンテンツです。
ピザ焼き器 > 便利な調理アイテムとは

豆知識

便利な調理アイテムとは

石窯でピザやパンを焼くのに便利なアイテムをご紹介します。便利アイテムを使って石窯を存分に利用しましょう。

ピール

ピールは、パーレやパーラと呼ばれることもあります。ピザやパンを焼き床に置いたり、取り出したりするときに使う道具です。ピザを載せるヘラの部分は平べったくなっており、ステンレス製が多いです。柄は窯の奥にもピザを置けるように長くなっています。ピザ作りには必須のアイテムです。

焼き網、アルミホイル

石窯になれてないうちは、焼き床の温度感覚がわからず焦がしてしまうことがよくあります。焦げが心配なときは、バーベキュー用の網やアルミホイルを焼き台として利用するといいでしょう。アルミホイルは、パンを焼くとき、表面がキツネ色になったところで、パンの上に載せると、焦げるのを防ぐことができます。

オーブン用の天板

ローストビーフや魚や肉の塩包み焼きなど豪快なオーブン料理やクッキーなどのお菓子作りに天板があると便利です。必要に応じて、クッキングシートを敷いて使ってください。もちろん、ピザやパンの焼き台としても利用できます。

霧吹き

パンを石窯に入れる直前に、焼き床に霧吹きで水を吹きかけると、パリッとおいしく焼き上がります。また、窯の中に高温の水蒸気をつくり出すことで、素材の栄養素を守り、余分な脂を落としますので、ヘルシーな調理ができます。

温度計

スス切れの状態を把握することができれば、必要ありませんが、最初のうちは温度計があると、失敗が少なくてすみます。火入れした石窯の中は300℃以上になりますが、調理に必要な温度は200~300℃です。300℃まで計ることができるオーブン用の温度計があると便利です。

ピザ焼き器 激安通販
ExecutionTime: 167 msec / Memory: 7.6 MB