ピザ焼き器

ピザ焼き器

ピザ焼き器

このページは「ピザ焼き器の構造とは 」の情報コンテンツです。
ピザ焼き器 > ピザ焼き器の構造とは

豆知識

ピザ焼き器の構造とは

イタリアンのお店で食べるピザはすごくおいしいですよね。表面はこんがりしてるのに、中はしっとり、もっちりしてます。そんなピザを自宅でも食べたいなら石窯が必要です。石窯の仕組みについてご紹介しましょう。

ピザの焼き方

石窯でピザを焼く、と聞くと、石窯を薪で燃やして直接炎で焼いていると思っている人が多いのではないでしょうか。実は違います。一度、窯の中で薪を燃やして、炭になった薪を取り除きます。簡単に釜の内部をふいてピザやパンを入れるのです。石窯に蓄積された余熱でピザやパンを焼きます。

十分に熱せられた石窯は簡単には冷めません。一度熱した窯は下がっていく温度にあわせて、ピザ、パン、ローストチキンといった順番でいくつもの調理をすることが可能です。

石窯の構造

石窯の構造は火床、焼き床、煙突、扉、土台などから構成されています。その構成により単発燃焼タイプと連続燃焼タイプがあります。

単発燃焼タイプ

単発燃焼タイプは、薪を燃やす火床とピザなどを焼く焼き床が同じ構造となっています。一つの部屋しかありません。薪を焼いたのちに、その薪をかたづけて、同じ部屋でピザやパンを焼きます。煙突がないものもあり、非常にシンプルな構造です。

連続燃焼タイプ

連続燃焼タイプは、火床と焼き床が二層に分かれています。完全に二部屋になっているわけではなく、一部屋をピザなどを焼く焼き床により上と下に分けられています。窯の奥まで仕切られおらず、奥ではつながっています。二層式にすることで、薪をいちいち捨てなくても調理できますし、風呂の追い炊きのように石窯の温度が下がればもう一度薪を焚くこともできます。

 

単発燃焼タイプは構造がシンプルなため石窯の作成も比較的容易です。しかし、薪を片付けてからでないと焼けないので、ピザやパンを少量しか焼くことができません。一方の連続燃焼タイプは、追い炊きすることで大量に調理することができますが、構造が複雑なため、石窯の制作が難しいです。

ピザ焼き器 激安通販
ExecutionTime: 78 msec / Memory: 7.6 MB